おすすめ商品

jun63

Author:jun63
FC2ブログへようこそ!


最新記事


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
4925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス


K-POPはネット戦略が重要(写真は少女時代) 少女時代やKARA、BIGBANGと、いわゆる「K-POP」アイドルが次々と日本に上陸し、音楽市場を席巻している。だがその人気は、韓国政府が裏で仕掛けたものではないかとの発言内容がテレビ番組で流れ、波紋を呼んでいる。
その主は、キャスターの木村太郎氏だ。韓国の文化を海外に紹介する機関がインターネット上で、ある「操作」をしてK-POPアイドルの知名度アップを図っているというのだ。

ネット口火に人気を広げていくプロモーション

木村氏の発言は、フジテレビの情報番組「Mr.サンデー」でのものだ。2011年2月6日の放送で、「K-POPにハマる女たち 韓流男子にひかれるワケ」と題した特集が組まれた。

司会の宮根誠司が、日本でヒットを目指す韓流タレントたちは母国で徹底したレッスンを受けてくる点に触れると、木村氏は「レッスンだけじゃないんですよ」とした後で、

「韓国政府の中にブランド委員会というのがあって、K-POPをブランド化しようとすごく力を入れている」と話した。つまり、国を挙げてK-POPを売り込んでいるというのだ。さらに木村氏は、「ユーチューブ」などネットの動画投稿サイトにあるK-POPアイドルのプロモーションビデオ(PV)に関して、ブランド委員会が広告代理店を通じて再生回数を上げさせていると主張した。


実はネットによる宣伝活動は、K-POPのプロモーションに欠かせない。音楽ジャーナリストの古家正亨氏は2010年11月16日放送のNHK番組「クローズアップ現代」で、「(K-POPは)あえて映像だったり、音楽の情報発信をネットを通じて拡散させて、実際に見てみたいという思いにさせて、そこからショービズに発展させていくという手法を使っている」と説明した。

ネットでの「流行」を口火に、ブームを起こしていこうとの作戦だ。このため、動画サイトでのPV閲覧数が多ければ、「話題のアーチスト」として人気が広がるということだろう。

動画再生5000万回の女性グループ

ユーチューブに投稿されたK-POPスターのPVを見ると、確かに閲覧回数がずば抜けているものがある。例えば女性グループ「ワンダーガールズ」の曲は、再生回数が5000万回に迫ろうかという勢いだ。

少女時代のヒット曲「Gee」韓国語版は約3700万回で、ほかの歌手を見ても1000万回以上は珍しくない。J-POPの場合、AKB48の「ヘビーローテーション」が約2400万回だが、嵐やExileといったヒットメーカーでもユーチューブに限ればPV閲覧数はそこまで多くない。

日韓の音楽マーケティング上でのネット戦略の違いかもしれないが、海外向けを見越した英語の歌詞ではなく、韓国語で歌っているPVでこれほどの再生回数というのは驚きだ。

木村氏が指摘した組織の正式名称は「国家ブランド委員会」で、2009年1月に大統領直属の機関として設置された。韓国への理解を世界で深めてもらうため、国としてのブランド力を上げる取り組みが主眼だ。

ウェブサイトには、韓国の政治経済や文化、国際貢献活動、ビジネス、先端技術を幅広く紹介している。「国家ブランドによってその国の国民、企業、商品への評価も変わります」と、ブランド向上をとても重視している様子がうかがえる。「韓流」を取り上げた個所もあるが、内容は一般的な説明で、K-POPの最新情報まではカバーしていないようだ。


木村氏の発言に、韓国のマスコミも反応した。

韓国・中央日報は2011年2月28日付の記事で、国家ブランド委員会の事務官のコメントを紹介。

「大衆文化を国家がコントロールするのは常識的にありえない」と不快感をあらわにしたとしている。




■J-CASTニュースとは?
従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!



http://news.livedoor.com/article/detail/5377631/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

石鹸屋の通販情報の森






takusanshiritainaさん

アイドルに疑問。
アイドルに対して皆さんの意見を聞かせて下さい。

僕は音楽が好きです。
自分達がしっかりとやりたい音楽、伝えたいこと、嘘偽りない活動をしている音楽が好きです。
そもそも、そのような表現をしているのであれば、音楽であろうが物書きであろうが芸術家であろうが、
好き嫌いは別にして、認めないとかはありません。(ちょっと偉そうですが…)

しかし、アイドルがCDをリリースすることに対して疑問を持っています。
何故歌うのでしょうか?お金の為なんでしょうが、それ以外に理由はあるのでしょうか?

そもそも、歌うことには問題ありません。
テレビ番組で歌うのもいいでしょう。
そして、もし本当に音楽をやりたくてリリースしていることも構いません。
作曲・作詞に手を出さなくても、自分が何を歌いたいか、どういうアプローチでそれを届けるかを
制作チームと綿密に打ち合わせをするなどの作業をした上で、
活動しているとなれば、それはもう後は好き嫌いですから。

しかし、そうでない場合がほとんどで、なおかつ同じCDショップに並んで同じカテゴライズされているんですね。

僕やしっかりと音楽と向き合ってる人はそのような状態でも、
自分の好きな音楽にめぐり合い、またそれらが違う次元の音楽だと理解できます。
しかし、これからの若者はどうでしょうか?
特に10代前半のような、まだ色々な音楽を知らない子供達が、
「音楽や表現とはこういうものなんだ」と知らないうちから意識が形成されないでしょうか?

僕が心配しているのは、そのような音楽がチャートを独占し、
本当にいい音楽が伝わることの邪魔になっていることです。
例えば、新人バンドのシングルが素晴らしかったとします。
しかし、チャートを独占しているのはくだらない俗物ばかり。
そのチャートをテレビで見ている若者は、その新人の存在を知る機会を一つ失います。

そして、同じようなステージにいるつもりでいるアイドル達のせいで、
もっと知れていいはずのアーティストの売り上げが本来のものではなく、
どんどん契約が打ち切られたり解散したりという悪循環。

どう打破していくべきでしょうか?
そして、現状をどう考えてますでしょうか?

是非、これはアイドルのファンの方の意見も聞きたいです。

ちなみにアイドルは好きですよ。
上記以外のことを除けば。
大島優子とか可愛いですし。
嵐のメンバーもキャラが立っていて、男から見ても惚れるくらい顔が整ってますし。
補足沢山の回答ありがとうございます。

ちなみにアイドルがいるから売れないといった話ではなく、
アイドルが売れることによっての弊害の話です。
本当にいいのが伝わるのもわかってます。
ただそのスピードやきっかけの場所の少なさの懸念です。

一つ下を掘り下げてもらえればと思います。



ベストアンサーに選ばれた回答

milk_makikoさん

気持ちは、分かります。レコード会社に、勤務していたので、良いのに売れないジレンマもわかります。
私は、KANちゃんを、売り出すときや、スピッツのデビューの時に宣伝という部署にいました。
アイドルにハマっていても、年齢が高くなれば本物もわかります。

本物しか聞きたくない人もいれば、アイドルしか興味ない人もいて、でもよいものはよいとわかり
スピッツも売れたんだと思います。
他にも路上ライブで評判になりデビューするひとも沢山います。

長くなりましたが、才能もあるのに、売れなくてきられてしまうと、おっしゃりましたが、それは違うと思います。
KANちゃんもなかなか売れなくて大変でしたが、とにかくスタッフが、ファンで、本当にがんばりました。
切られてしまうのは、事務所にも、レコード会社にも、良いと思う人が、居なかったのでは?

良いと思う楽曲は、みんな死ぬ気になって、宣伝してました。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1055657870
※この記事の著作権は配信元に帰属します

YouTube 動画 パチンコ館


「フレンチ・キス」が参加して消防活動訓練
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110228-00000036-nnn-soci


スポンサーサイト

copyright © 2017 これが、売れています!!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。