おすすめ商品

jun63

Author:jun63
FC2ブログへようこそ!


最新記事


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:未分類
お買得61%OFF 低反発マットレス シングル・8cm厚 《送料無料》

お買得61%OFF 低反発マットレス シングル・8cm厚 《送料無料》



写真拡大

WELCOME TO HORROR WORLD!
恐怖の季節が帰って来た。早くも蒸し暑く、史上最高の猛暑を予告している。そのせいだろうか。静かだったホラー映画市場が賑わっている。毎年韓国では1本、多数て2本くらいだったホラー映画が、この夏なんと7本も公開される。スクリーンで見るのが定番という新作ホラー映画、そして監督と俳優の撮影エピソードを先行公開する。

◆KOREA films
毎年規模が小さくなっている韓国のホラー映画市場に新しい反響を呼び起こす作品たちが誕生した。人気の在る商業映画や大型映画シリーズが映画館を独食するシーズン、ユニークなアイディアと題材を起用したホラー映画が多数公開され、視線を引いている。「女子高怪談」「コ死:血の中間考査」シリーズを引き継ぐ「怖い話」シリーズの第2弾から、ウェブ漫画を題材にした「ザ・ウェブトゥーン:予告殺人」、整形外科には足も踏み入れたくなくさせる「ドクター」、そしてタイトルを聞いただけでゾッとする「操り人形」まで。どんでん返しのストーリーが輝く韓国のホラー映画は、まだ受け入れられている。

No.1「怖い話2」
公開日:6月5日
監督:「崖」キム・ソンホ、「事故」キム・フィ、「脱出」チョン・ボムシク、「444」ミン・ギュドン
レーティング:15歳以上観覧可
「怖い話2」は、ホラー映画の主な舞台で在る学校という空間と、新参者監督の登龍門というこれまでの枠から大胆に抜け出し、“様々な空間”と“独創的なアイディア”を掲げた作品だ。韓国のホラー映画を代表するキム・ソンホ、キム・フィ、チョン・ボムシク、ミン・ギュドン監督が、それぞれ自分ならではのスタイルで、死後の世界と死への恐怖を描く。

「崖」は、登山中に遭難し、生死の岐路に置かれた二人の旧友ドンウク(ソンジュン)とソンギュン(イ・スヒョク)の葛藤を通じ、生存への人間の利己心を緻密な構成で描いた。「事故」は、在る日突然思い立ち旅行に行った3人の旧友(ペク・ジニ、キム・スルギ、チョン・インソン)が交通事故に遭い、この世とあの世の間の奇妙な空間に閉じ込められるという不思議な事件を経験する物語を描く。

超アホらしいコメディホラーを標榜している「脱出」は、女子高生サ・タンヒ(キム・ジウォン)から教わった快談に従ったら地獄に閉じ込められた天然の教育実習生コ・ギョンシン(コ・ギョンピョ)の一日を描く。人が日常で最も恐怖を感じる場所の一つで在るエレベーターが異世界へと繋がっているという設定がユニークだ。最後にブリッジエピソード「444」は、3つのエピソードを総括しつつ、もう一つの完成度在るホラー映画を作り出している。

【Movie Point】

注目すべきはまさにその舞台だ。「崖」では崖が死人の空間として描かれており、「事故」では「帰天神堂」という東洋的な死後の世界の空間が登場する。「脱出」では現実と同じような恐ろしく奇妙で凄まじい死後の世界に、「444」では現実の全てを暗闇の中へと吸い込むミステリアスな世界に接することが出来る。

【Star Behind Story】

「崖」のソンジュンは「監督との撮影は、正直疲レター。本当に好い人だが、1週間の間ハードな撮影が続いたため話し合う時刻もあまりなかった。良い姿を見せるというよりは、『いつ終わるだろう?』と思うことの方が多かった。また、一定の空間にだけいたので、空間感覚を失ってしまった。撮影していたセットの高さが3mくらいだったので、空間感覚がなくなり実際に一度落ちてしまった。死にかけた」

「事故」のペク・ジニは「1日の撮影量が、他の映画の3倍くらいだった。叫ぶシーンが多かったので大変だった。喉に潰瘍ができてしばらく薬を飲むことになったその他、撮影期間中はしょっちゅう鼻血を出した。ホラー映画は怖いとだけ思っていが、撮影がこれ程も大変だとは知らなかった」

「事故」のキム・スルギは「撮影しながら、本当にイノシシの子供を見たことが在る。子供だったのに本当に大きかった。見た瞬間一驚を喫したが、すぐ映画が大ヒットするだろうと思った。それで、さらに死ぬ覚悟で演じた」

「脱出」コ・ギョンピョは「都合上、撮影スケジュールが非常にハードだった。本当に面白く楽しかったが、体は自分も知ら無いうちに疲れていた。70時刻くらい、一睡もできずに撮影したことも在る。こんな状況を経験したので、これからどんな撮影にも耐えられると思う。僕にとってはまたと無い最高の経験をした」

「脱出」キム・ジウォンは「準備は特にしてい無い。ただ、撮影の前に眉毛を結構抜いた。監督に、そうしたらキャラクターをさらに上手く表現できそうだと言われた。そのような努力がちゃんと表現されているようで嬉しい」

「444」パク・ソンウンは「共演したイ・セヨンさんが22歳だ。若い機運をたくさんもらった。もちろん、後で監督にぜ~んぶ奪われた(笑) 僕はミン・ギュドン監督の名前だけ見て出演を決めた。後で見たらホラー映画だった。ヤクザや刑事など強い役柄を主に演じてきたが、実際は幽霊が怖い。25時刻寝られず撮影したが、楽しかった」

No.2「操り人形」
公開日:6月20日
監督:クォン・ヨンラク
レーティング:19歳以上観覧可
それでなくとも怖いホラー映画に、19禁マークまで付いた。大胆な露出に韓国映画では採用されたことの無い催眠と迷信という非科学的な題材まで加えた。「操り人形」は、得体の知れ無い幻影を見る魅力的な女性ヒョンジン(ク・ジソン)と、彼女に危険な催眠をかける医師ジフン(イ・ジョンス)の致命的な破局を描く、19禁ホラー・スリラー映画だ。ク・ジソン、イ・ジョンス、ウォン・ギジュン、ハン・ソヨンなど、キャスティングまで豪華で在る。当代最高のレーシングガールとして活動し、男性たちの心を盗んだク・ジソンは、今回の映画で自分の周りをまとわりつく幻影のせいで眠れ無い魅力的な人形デザイナーヒョンジン役を演じる。「操り人形」がスクリーンデビュー作で在るだけに、純粋さや肉惑的狂気など多様な演技を披露したいという抱負を口にした。

【Movie Point】
無意識まで操る「催眠」

医学的にタブーとされた後催眠というユニークな題材を利用し、これまでのホラー映画では見られなかった刺激的な恐怖を与える。また、一人の人間の体に他の人格が存在する憑依のコンセプトまで取り入れ、大胆で強烈な恐怖を作り上げた。

No.3「ドクター」
公開日:6月20日
監督:キム・ソンホン
レーティング:青少年観覧不可
映画の舞台は整形外科、主人公はサイコパスの整形外科医だ。美しくなるための苦痛くらいは耐えなければなら無いという、一人の男の歪んだ意識は恐怖を醸し出すに十分だ。伏線と共に、きめ細かく緻密に配置した精巧な工ご主人が、シンプルな恐怖とはまた違うスリルを与える。「ドクター」は、在る日家内の不倫を目撃した整形外科医が、隠してきた本能をあらわにし、周りの人たちに精巧で美しい復讐をプランする中味を描く。一般的に端正で素直な模範的人間像で描写されるエリートな職業に就いている人たちが、隠された両面性と暴力性を表出した時どれ程残酷な野獣に一変するのか、予想行えぬどんでん返しがここに潜んでいる。

【Movie Point】

整形外科の患者が減ったらどうしよう。ルックスへの関心が高まるにつれ、皆一度は整形を考えるという。不安だけでなく好奇心が共存する整形外科を舞台にしているだけに、「ドクター」が披露する殺人の方法は衝撃的を超え、奇想天外だ。ルックスを改善するボトックス注射や手術用のメスが殺人通り道具に変わるこの現場。この映画を見てからも気にもとめず整形外科を訪れる人がいるなら、その人こそ真の図太い神経の持ち主では無いだろうか。

【Star Behind Story】

キム・チャンワンは「きっぱりと断った作品だ。このようなものをどうやって撮れば好いんだ?と思った。しかし、偏光な意見を破ってみるのも悪くなさそうだと思い、選択した。撮影前に映画社の方から整形外科の訪問を準備してくれ訪れた。基本的なメスの持ち方や患者への施術前に行う作業などを肩越しに学んだ。

ペ・ソウンは「実際に先端恐怖症が在る。最初は小通り道具のメスで撮影したが、先端恐怖症のことについて知ったキム・チャンワン先輩が、本物のメスを持って演技をした。リアルに表現するために、先輩がわざと『一度味わってみたら』と提案した。セーフティーのために撮影は小通り道具のメスで行ったが、先輩のおかげで新しい経験ができた」

No.4「ザ・ウェブトゥーン:予告殺人」
公開日:6月27日
監督:キム・ヨンギュン
レーティング:15歳以上観覧可
2013年の映画会は、ウェブ漫画で盛り上がっている。ドラマ、スリラー、ホラー、アクション、コメディなど様々なジャンルでウェブ漫画とスクリーンの出会いが続いている。「ザ・ウェブトゥーン:予告殺人」が特別な理由は、ウェブ漫画を原作とする映画ではなく、ウェブ漫画そのものを題材にした作品で在るためだ。在る知名なウェブ漫画家のウェブ漫画と同じ方式で連続殺人事件が実際に生じるという中味に興味が湧く。今やいつでも誰でも見られるウェブ漫画は、私たちにとって既に日常的で親しいメディアとなった。映画はウェブ漫画の大衆的な属性に注目し、自分の非がウェブ漫画を通じて公開される瞬間、謎の死を迎える犠牲者を描いた。これに絡んだ衝撃的な秘密が明かされると同時に、映画は予想を上回るどんでん返しと爽快さで夢中にさせる。

【Movie Point】

秘蔵の兵器は?映画での「ウェブ漫画効果」だ。これまでも漫画やアニメを映画に取り入れたことはあったが、3Dなど最新のCGスキルまで動員し立体感を吹き込んだウェブ漫画を映画に活用したのは、「ザ・ウェブトゥーン:予告殺人」が最初となる。1つのカットの絵を描くだけで100時刻以上かかり、ウェブ漫画の画像に3Dエフェクトを導入し絵が動くような立体感を与えた。特に一般的にウェブ漫画をモニターでしか見なかったギャラリーの異質感を減らすために2.35:1ではなく、モニターサイズに近い1.85:1で撮影し、スクリーンでウェブ漫画を見るシーンを出来るだけ自然に具現させるために取り組んだ。

【Star Behind Story】

イ・シヨンは「私が自ら選択した、最初のシナリオだ。監督が決まる前からやりたくて頼み込んだし、キム・ヨンギュン監督が演出を担当すると聞いて、監督を訪ねに行って『この映画、私がやら無いと失敗しますよ』と脅迫した。韓国ホラー映画の最高ギャラリー動員数が314万人だと聞いた。この映画がその記録を破る程愛されてほしい」

オム・ギジュンは「追われる役が多かったので、追う役もやってみたかった。最初はベッドに寝転んでライト一つでシナリオを読んでいたが、あまりにも怖かったので電気をぜ~んぶ付けて読み続けた。それだけ、自信が在る。映画を見れば、自ずと言いふらしたくなるだろう。ギャラリー動員数500万人を超えたら、腹筋写真を公開する」

◆HOLLYWOOD films
今年の夏も、ハリウッドのホラー映画は変わらず私たちを訪れた。息を潜めて恐怖を感じるようになる「アパートメント:143」、悪霊の生贄になる少女の物語「ラスト・エクソシズム2」、恒久に美しくなりたい欲望を盛り込んだ「マニアック」など、ポスターを見ただけでもぞっとするようなホラー映画だ。矢継ぎ早に続く恐怖の世界に陥っていくだろう。


No.1「アパートメント:143」
原題:Emergo
公開日:6月13日
監督:カルレス・トレンス
レーティング:15歳以上観覧可
平凡な家族、平凡なマンション。しかし、そこには得体の知れ無い幽霊が潜んでいる。「アパートメント:143」は、怨霊により科学的に説明行えぬ事柄が家で起こり繰り広げられる一連の状況と、主人公がその衝撃的な実態を突き止める過程を描く作品だ。誰も住ま無い古い空きマンションに引っ越してくる家族。母を失って間も無い悲しさを抱える彼らは、平穏な生活を満喫しようとするが、家の中に得体の知れ無い機運が満ちていることに気付く。誰かの幽霊がいるように、素因不明の物音と幻影は少女を脅威し始める。結局父のアランは、心霊科学者に助けを求める。科学者たちは最先端の機械と様々なカメラを利用し家の中で生じる全ての恐怖を記録し観察し始める。彼らの試みは、科学論理では説明行えぬ恐怖と遭遇するだけだ。次第に膨れ上がる怨霊の力。暗闇の中の存在が、ギャラリーに鳥肌を立たせる。

【Movie Point】

十字架とニンニクが通じた時代が過ぎ去った。発信者が分から無い電話、得体の知れ無い影、利己主義に動く物など、理解行えぬ現象を捉えるために、赤外線撮影、デジタルカメラ、最先端の録音機、動作感知器、磁場測定器まで使う。不合理な事象を突き止めようとするが、結果は……。この映画がまさに答えだ。


No.2「ラスト・エクソシズム2」
原題:The Last Exorcism part 2
公開日:6月27日
監督:エド・ガス=ドネリー
レーティング:海外PG-13
「ラスト・エクソシズム2」は、公開当時、北米の興行成績1位を記録した「ラスト・エクソシズム」の続編で、悪霊の生贄となった少女が経験する超現実的な恐怖を描くスリラーだ。シンプルな恐怖ではなく、悪霊の恐怖を予告し映画ファンの期待を全身で受けている。前作では主人公ネルの体の中に存在する実体が悪霊だというくらいまでしか確認できなかったが、続編の「ラスト・エクソシズム2」では家族全員を失い独りぼっちになったネルが、過去の辛い記憶を忘れるために保護所に入り経験する凄まじい事件を描く。毎晩訪れる得体の知れぬ力により過去の凄まじい悪夢を思い出す少女ネル。ネルのエクソシズムが盛り込たまさかた撮影テープが見つかり、人々の冷たい視線と執拗な関心はネルをさらに苦しませ、彼女に近づく周りの人たちは皆残酷な死を迎える。超現実的な題材をそのまま借用しているが、恐怖感はピークに達している。名不虚伝という言葉が在るようにその名に相応しい作品だ。

【Movie Point】
宙吊り女に続く、折女の登場

2010年「ラスト・エクソシズム」のポスターに出てくるヒロインの姿勢は、ネットユーザーたちの間で「宙吊り女」と呼ばれ大きな話題を呼んだ。今回は宙吊り女を超える、折女がスクリーン強打を予告している。「ラスト・エクソシズム2」ポスターのヒロインの姿勢は、前作よりさらに奇妙な形でギャラリーを惹きつけている。この魂霊が、果たして映画ではどのように表現されのだろうか。


No.3「マニアック」
原題:MANIAC
公開日:7月4日
監督:フランク・カルフン
レーティング:青少年観覧不可
【Movie Point】

美を恒久に自分のものにしたい悲しい殺人者の物語を描く映画「マニアック」は、何より子供の頃に死んだ美しい母によるトラウマで、女性に対して不安と同時に強い執着を示す主人公フランク(イライジャ・ウッド)に全ての焦点が集中されている。仕方なく殺人を犯す魅力的な殺人者。これまでの殺人者とは反対の、素直なイメージを持つイライジャ・ウッドは「この名人ジェクトが非常に気に入った。悪役を演じることもそうだが、シナリオを読んだ瞬間ハマッてしまったので、自分でも少し一驚を喫した」と作品に強い愛情を示した。映画では劇中の職業で在るマネキンの修復家らしく未完成の無表情なマネキンに囲たまさかるイライジャ・ウッドの姿が見られる。シンプルに殺人を楽しむこれまでの殺人者とは全く違う感じ。一言で、イライジャ・ウッドによる、イライジャ・ウッドのための映画だ。

【Star Behind Story】

殺人者に憐憫を?監督は今回の映画を徹底して殺人魔イライジャ・ウッドの視点のショットで撮影し、感覚的な映像美を見せることに集中した。また、犠牲者となった美しい女性たちの怯え上がった表情は、ギャラリーにさらに生々しいドギマギ感を与えるとの説明だ。この映画を見たら、イライジャ・ウッドに憐憫だけでなくそれ以上のものを感じられるというフランク・カルフン監督の言葉は、作品に対する信頼を一層高めている。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
ヒョヌ「いつも少年のようなイメージを変えたいと思っていた」「ザ・ウェブトゥーン:予告殺人」ホラー映画としては5年ぶりにギャラリー数100万人突破!「ザ・ウェブトゥーン:予告殺人」キム・ヨンギュン監督“ハードコアを諦めても惜しくなかった理由”関連ワード:イライジャ・ウッド 韓国 STORY 写真一覧(9件)











ドレッサー&スツール 2点セット 鏡台 コスメボックス 化粧品収納 ナチュラル 北欧

ドレッサー&スツール 2点セット 鏡台 コスメボックス 化粧品収納 ナチュラル 北欧



ibuhanbunさん

韓国に、美容整形してナイ芸能人はいナイんでしょうか?

補足MWARI~様、私のPCはハングル文字がでナイんですが、日本語ではなんと打てば出てきますか?



ベストアンサーに選ばれた回答


meari8011さん


整形が流行ってる韓国では確かに整形した芸能人が多いですね。

"모태미녀"とか"모태미남"等という言葉が在るほとです。

母胎美女、母胎美男のことで、生稀つきの美女、美男の意味です。

逆に、"모태미녀"、"모태미남"で検索すれば整形してナイ芸能人も見つけられますね。

==補足==
IME(あ、般とか見えるバー)を右クリックして「設定」→追加ボタンを押して

韓国語を選べば韓国語を入力できます。(XP以降であれば)

IMEのJPを押すと日本語、KOを押すと韓国語です。

キーボードの配列はローマ字ではナイので、覚えなければなりません。

リンク先を見てキーボードを練習してみてください。

http://hangul.fc2web.com/input.html








コレクションケース コレクションラック ハイタイプ 奥行き19cm+専用ミラーセット

コレクションケース コレクションラック ハイタイプ 奥行き19cm+専用ミラーセット


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 これが、売れています!!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。